HOME>注目記事>特殊な特徴があるので知っておくことが大切

良くある失敗を防ごう

部屋

LEDを照明器具使う際には、調光機能の有無に気を付けましょう。調光機能は照明の強弱をコントロールできるのが魅力です。ただしLED照明はこの機能に対応しているものと、そうではない製品があります。未対応のLED照明を使うと、うまく調光できなかったり、危険が生じたりする可能性もあるので気を付けて下さい。他には、断熱材が施工されている照明器具を使う時も要注意です。断熱材によって放熱が妨げられているため、通常のLED照明では寿命が短くなるなどのリスクが生じます。現在は断熱材に対応している製品があるので、こちらを選びましょう。照明器具に「S」と表示されていたら、断熱材対応の照明を用います。

寿命が長い

照明

LED照明はエネルギーを光に変換する効率が良いため、熱を発生しにくいのが特徴です。このためにLEDを使うと、照明器具への負担も少ないと考えられています。照明器具に使われるプラスチック樹脂類は基本的に熱に弱く、長時間使用すると性能や見た目が劣化することは避けられません。この点でLEDなら熱による影響が少ないですから、使用状況にもよるものの、照明器具も比較的長持ちしやすいエコな製品だと言えるでしょう。

デザイン性と機能性が高い

セパレート

まずLEDは小型化・スリム化が可能なので、照明器具のデザインにも幅が広がります。このため、既存の蛍光管や電球と同じデザインにすることもできますし、間接照明としてちょっとした隙間に埋め込める形状にすることも可能。加えて機能面にも特徴があり、電球を変えなくても光の色合いを調節できるタイプがあります。読書や作業をする時には真っ白、ランチやディナー、くつろぎタイムには暖色にするなどの工夫ができるのは魅力的です。

広告募集中