HOME>ホットトピックス>電球の交換手間と日常の光熱費を削減することが可能

トータルコストバランスを考慮

電球

LED照明器具は、従来の蛍光灯器具と比べると、比較的設備費用が高くなりますが、電球の寿命が非常に長いので、ランニングコストを安くすることができます。また、消費電力も蛍光灯に比べるとかなり安いので、イニシャルコストとランニングコストのバランスを考えて導入を検討するとよいでしょう。器具を選定する場合には、室内の広さに応じて照明器具を選定することになりますが、蛍光灯に比べて明るい傾向にあるので、今までの照明を基準に選ぶと明るすぎる可能性があり、注意が必要です。

比較して選ぶと安くてよいものが選べる

部屋

最近は、昔に比べるとどんどんとLED照明器具の設備コストが安くなってきているので、導入時のコストを低く抑えることができます。設備を検討する際には、なるべくいろいろなメーカーのものを比較するとコストを下げるためにはよいでしょう。

器具と電球のコストが下がっている

照明

LED照明器具を導入した際に、電球の価格が高いことが気になるという人もいますが、最近はLED照明の電球もかなりコストが安くなってきているので、それほど大きな負担とはならないと考えられます。交換周期がかなり長いので、交換が大変な部分にある器具には導入するメリットがかなり大きいです。

マンションだと光熱費がかなり安い

照明

一戸建て住宅でも全体的にLED照明器具を導入することによって、かなり光熱費を安くすることができるようになりますが、マンション全体でLED照明器具を導入すると、トータルの光熱費を大幅に減らすことができるでしょう。

広告募集中