部屋

省エネになりランニングコストも安い

最近はどんどんとLEDの照明器具が普及してきていることから、導入するための初期費用も依然と比べるとかなり安くなってきています。建物の存続期間のトータルのランニングコストを考慮した場合、初期費用が高くなっても、維持管理費用や電気代が節約となるので、維持管理費は安くなることが多いでしょう。また、LEDの照明器具は蛍光灯などの照明器具と比較すると、交換が必要となる頻度も少ないので、建物の維持管理にかかる手間も少なくなって良いです。これから新たに自社で建物建てることを検討しているのであれば、積極的にLED照明器具の導入をしたほうが良いでしょう。また、既存の古くなった建物を延命化させるための工事を行う際には、照明をLEDに交換する工事を実施すると、毎月の電気料金を安くすることが可能です。これからさらに電気の技術が発展していくと、さらに証明がLED化されてきて、コストも安くなってくることが考えられるので、改修時に蛍光灯を残しておくメリットは少なくなっていきます。蛍光灯の明るさと比べると、直接の光にはまぶしさがありますが、照明の傘などを工夫することで、拡散させることもできるので、設計次第では問題なく取り入れることが出来るでしょう。

二酸化炭素削減に大きく貢献

地球温暖化対策について、世界で議論され始めてから、割と長い時間が経過していますが、その議論は衰えることなく、どんどんと二酸化炭素削減について議論が深まってきています。地球温暖化対策として有効な二酸化炭素削減を達成するためには、世界的に使用している電気を削減することが有効な方法の一つとなっており、省エネ性能が優れている製品に注目が集まっています。中でも最近はLEDを用いた照明器具の省エネ性能が注目されることが多く、たくさんの建築物にLED照明器具が採用されることが多くなりました。また、既に建設されている建物であっても、改修の際にはLED照明器具が採用されることが増えており、国の補助金などを活用することが出来るケースなどもあります。これからさらに二酸化炭素削減について、注目が高まっていくことが考えられるので、建物の建設、維持管理に関わっている人としては、LEDはとても重要な存在となってくることでしょう。さらに、省エネ性能を高めていくためには、併せて、調光機能などがあったり、AIなどと連動して、無駄なエネルギーを使用しない機能が付いていたりする器具なども注目されていきます。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中